講演・活動レポート

9月23日(木)

ウェルビライフ討論会in長崎

「人と地球にやさしい政治をもとめて、私たちのウェルビライフ」討論会が長崎県にて開催されました。パネルディスカッションでは、スポーツ、経済、保育、学生の各分野から情報提供いただき、意見交換を行いました。私もウェルビーイングな社会の実現に向けて取り組んでまいります。





9月22日(水)

秋田県訪問

秋田県看護連盟のOB、役員の皆さまと意見交換させていただきました。看護職の代表として全力でがんばります。





9月21日(火)

今週のひとこと

ワクチン接種率が概ね6割となり新たな行動様式への移行が始まろうとしています。収穫の秋を少しでも心穏やかに過ごせるよう、身近な場所での検査普及等、必要な対策の更なる強化に全力を尽くします。今週は長崎で‘ウェルビライフ討論会’が開催されます。感染症有事下で女性達が直面する課題を語り合い、地域や社会とのつながりの中で困難を克服する方策について考えます。

9月15日(水)

自民党医療系議員団会議

新型コロナウィルス対策本部IMATプロジェクトチーム会議を開催しました。新制度創設に向け、国立図書館、関係省庁より説明頂き、有識者ヒアリングを行いました。課題は山積しておりますが実現に向けがんばります。





9月15日(水)

リモート会議

一般社団法人日本看護系大学協議会の皆さまとオンライ会議を行い意見交換しました。皆さまからの要望実現に向け政策提言して参ります。



9月13日(月)

今週のひとこと

自民党新型コロナウィルス感染症対策本部では「新型コロナウィルス感染症の収束に向けた今後の取り組みに関する緊急提言(8/31)」に続き、「COVID-19ワクチン接種の効果と経済活動の再開に関する第5次提言(9/9)」が出されました。理なく迫り来る様々な脅威に対して、私たちは日々怠りなく備え、大切な命を守り未来へ希望を繋ぐために最善を尽くさねばならないと思っています。

9月6日(月)

今週のひとこと

8月25日開催のウェルビライフ討論会の中で「物事に打ち込む人ほど健康や家庭を顧みることが難しかったように思う。これからは二者択一ではなく、自分の健康と暮らしを大切にしながら社会活動できるように周囲の環境を充実すべきだ」との意見がありました。各々が人生の節目毎に後悔しない選択ができるよう、制度整備を進めるための不断の努力が必要だ!と決意を新たにしています。

8月30日(月)

今週のひとこと

政治経済、教育・スポーツ・文化芸術、医療福祉、国際交流分野の女性トップによる「人と地球に優しい政治を考えるウェルビライフ討論会(第一回)」をオンライン主体で開催しました。貴重な経験談とそれを踏まえた提言、先進的な取り組みを進める方々の数々の提案で大変厚みのあるスタートでした。令和世代の人生100年をより豊かにする仕組みづくりに挑戦します!

8月26日(木)

岡山県訪問

岡山県看護連盟での看護管理者・教育者セミナーにて講演しました。参加者のほとんどがリモートでの参加になりましたが、有意義な時間を過ごすことができました。





8月26日(木)

政調審議会

政調審議会が開催され、第6次エネルギー基本計画、地球温暖化対策計画、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略について議論しました。



8月25日(水)

ウェルビライフ院内集会

「人と地球に優しい政治を求めて~私たちのウェルビライフ~」院内集会が開催されました。今回は感染状況を鑑みて縮小し、リモートメインで行われました。多くの有識者の皆様から意見を頂戴しました。次回の開催が楽しみです。





8月23日(月)

今週のひとこと

一刻も早く実効性の高い感染制御策を打てるよう頑張っています。ワクチン未接種の方はとくに、日常生活上の感染不安が増していることと思います。自主的な安全確認用に抗原検査キットを無償配布する自治体も増えてきましたので、活用をお勧めしたいです。国政では、感染症有事の際にも国民生活の安寧に資する公衆衛生と保険医療制度について、しっかり議論する所存です。

8月21日(土)

山形県リモート

山形県看護連盟令和3年度看護管理者セミナーに講師としてリモート参加しました。看護職国会議員としてのこれまでの活動をテーマに講演し、皆様と意見交換させていただきました。





8月18日(水)

自民党医療系議員団会議

新型コロナ対策本部、I-MATプロジェクトチームでは、感染症有事におけるガバナンス体制の整備構築、感染症対策支援及び訓練システム、感染症医療援助隊の創設に向け議論しました。





8月17日(火)

災害対策特別委員会

党本部にて災害対策特別委員会が開催され、前線による大雨に係る被害状況等及び政府の対応状況について議論しました。





8月16日(月)

今週のひとこと

お盆休みを直撃した豪雨により被災された皆様にお見舞い申し上げ、一日も早い復旧支援に努めて参ります。また先日来、各地の女性達が思い描くウェルビーイングについて精力的に意見交換を進めています。人と地球に優しい政治とは何かを今こそ真剣に考えたいと思っています。生涯を通じた学びと社会経済活動参加でつながりあう社会へ。

8月10日(火)

今週のひとこと

恒久平和を願ってまもなく終戦から76年、これからの国際社会の平和秩序を維持構築する上で、日本の果たす役割が一段と重要性を増しています。地球上のいかなる人類も互いを慈しみ、不幸な諍いで生命を粗末にすることのない新たな調和の時代をめざしたいです。

8月8日(日)

和歌山リモート

和歌山県看護連盟リモート研修に講師としてお招きいただき、国政報告しました。皆様から沢山のご意見を頂戴しました。看護職の代表議員として政策提言して参ります。





8月7日(土)

福島県訪問

福島県看護連盟役員の皆様と菅家一郎先生【福島4区】の事務所に訪問し、意見交換を行いました。



8月3日(火)

政調審議会

政調審議会では政府への提言の審査として、調達ガバナンスに関する提言、新たな沖縄振興に向けた提言について議論しました。





8月2日(月)

今週のひとこと

苦しい状況が続く中、オリンピック選手達が連日魅せてくれる勇姿に元気を貰っています。オリンピックは、言わば人類の尊厳と可能性を体現するアートのようです。弛まぬ鍛錬から創出された唯一無二の個性を放ち周囲を熱く魅了しています。果たして自分はどうなりたいのかを明確に描き、それを実現するため行動する、諦めず・投げ出さず。このことは、一般社会の様々な面にも参考となりそうで、とても良い刺激を受けています。

7月30日(金)

北海道訪問

北海道看護連盟ブロックゼミナールin札幌にお招きいただき、皆様から多岐に渡る貴重なご意見を頂戴しました。看護の代表として政策提言して参ります。





7月29日(木)

「こども・若者」輝く未来実現会議

「こども・若者」輝く未来創造本部において取りまとめた「こどもまんなか」政策の実現に向け、新たに輝く未来実現会議が設置されました。大阪府高槻市子ども未来部の取り組みについて議論しました。



7月28日(水)

島根県訪問

島根県看護連盟役員&松江地区支部長との交流会にお招きいただき,国政報告、意見交換を行いました。皆様の期待に応えられるようがんばります。



7月27日(火)

新潟県看護連盟OB会支部会議にてリモート参加させていただき、国政報告を行いました。皆様との意見交換では、沢山のご意見、エールをいただきました。頑張ります!





7月27日(火)

日本助産師会来訪

日本助産師会の島田会長はじめ役員の皆様がお越しになり、意見交換しました。



7月26日(月)

大学入試英語の適正実施WT

文部科学部会「大学入試英語の適正実施WT」が開催され、文科省より「大学入試のあり方に関する検討会議」提言について説明があり、川嶋太津夫(大阪大学高等教育・入試研究開発センター長)よりヒアリングを行いました。





7月26日(月)

今週のひとこと

いよいよ!東京オリンピック2020が始まりました。原則無観客の方針へのご理解とご協力のもと、開幕3日で日本選手団は金メダル5個とメダルラッシュの快進撃をみせています。日本選手団の更なる活躍に期待しています。また国内では三人に一人以上へのワクチン接種が進み、再流行を阻止できるよう、さらなる対策に取り組みます。今後は感染症有事体制の確立と高い機動性を有する感染制御人材の訓練・配備システム整備が重要と考えています。一刻も早く実現したいです。

7月20日(火)

東北ブロック両院議員会議

党本部にて、自民党東北ブロック両院議員会議が開催され、東北地域の現状と課題等についてヒアリング、東北ブロックの当面の課題等について議論しました。



7月19日(月)

今週のひとこと

いよいよ東京オリンピック・パラリンピック大会が始まります。パンデミックの先に希望をつなぐ大会でもあり、東日本大震災からの復興五輪とも位置付けられています。底知れない喪失感と慟哭の記憶は癒えずとも、私たちは今ある生命を信じて支え合い、賢者の誇りをきっと未来へ紡ぐことができると思っています。ガンバレ・ニッポン!がんばろう・日本。

7月17日(土)

熊本リモート研修

第6回熊本ポリナビワークショップがコロナ禍の中、リモート開催され、講師として国政報告しました。意見交換では、青年部の皆様から現場の生の声を聴くことが出来ました。看護職の代表として課題改善に向け政策提言して参ります。





7月16日(金)

福島リモート研修

福島県看護連盟役員・支部長リモート会議に出席しました。各支部長より、現場の声として、多岐に渡る意見をいただきました。課題は山積しておりますが全力で取り組んで参ります。





7月13日(火)

新型コロナ対策本部合同会議

新型コロナウィルス感染症対策本部・ワクチン対策PT合同会議が開催されました。河野大臣も出席され、ワクチン接種状況等について、国産ワクチンの開発について議論しました。





7月13日(火)

政調審議会

政調審議会では、政府に提言する・東日本大震災復興加速化のための第10次提言・子どもの交通安全対策に関する緊急提言の審査を行いました。





7月12日(月)

今週のひとこと

熱海における土石流災害被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 イベント参加時や出張前の自主検査で安全確認する方が増えています。 政府が2月に開始した無症状一般人口のモニタリング検査は、市中感染の動向把握と効果的な対策に極めて有用なデータとなっています。 一定の流行地域では希望者が無償で検査できるよう広範囲に補助すべきと考えます。 空振りを恐れず現場最優先で手を尽くせ!亡き長島忠美先生(元復興副大臣)の口癖が、殊更に想い出されます。

7月10日(土)

京都府訪問

京都府看護連盟通常総会後の特別講演に講師としてお招きいただき、国政報告しました。連盟の皆様とも意見交換でき、有意義な時間を過ごしました。





7月7日(水)

政調審議会

政調審議会が開催され、令和4年度予算の概算要求にあたっての基本方針について審議しました。





7月5日(月)

今週のひとこと

使い勝手の良い注射器が普及し始め安堵の声が届いています。ひと月前はコミナティ一回0.3ml接種用に2mlシリンジが送付され、連日の作業で手指や手首を痛める医療従事者から苦情が相次いでいました。スタッフは強い使命感で現場に臨み、黙々と働いています。実態をつぶさに見て心通う改善策を講じることが重要です。いのちの安全を守るため、できることに精一杯取り組もう!

7月3日(土)

長崎県訪問

長崎県看護連盟にお招きいただき、「看護職国会議員としての活動実績」についてお話しました。長崎のみなさんからたくさんの励ましをいただきました。ありがとうございました。



7月3日(土)

岡山県訪問

岡山県看護連盟通常総会にお招きいただき、「看護の未来」についてお話しました。





7月2日(金)

東京都議会議員選挙

都内各地で熱戦が繰りひろげられている東京都議会議員選挙もあと二日となりました。本日は品川区の田中たけし候補、沢田ひろかず候補の応援に駆けつけました。勝利を勝ち取りましょう!





過去の講演・活動レポート